フィラリア症について|お宅のセントバーナード、大型犬用のレボリューションで守りましょう

指で摘んでいるカプセル

フィラリア症について

お皿の上の薬

大型犬用のレボリューションによって予防できるフィラリア症という病気は、ミクロフィラリアという名の寄生虫が引き起こす病気です。ミクロフィラリアは蚊が運んでくる寄生虫で、蚊は動物の体にとりついて針を刺し込んで血を吸い上げる前に、かゆみを与える成分を注入する習性を持っていますが、そのとき体内にいるミクロフィラリアも一緒に注入してしまうのです。しかしこの寄生虫、人間の場合は体に備わっている免疫力で、自然に駆除することが可能です。ミクロフィラリアが入ってきたとしても、人間の場合は病気の発症を心配する必要がありません。
しかしセントバーナードをはじめとする犬の場合、体の中にミクロフィラリアに対する免疫力を持っていないので、病気を発症させてしまうことになるのです。いわば、大型犬用のレボリューションとはミクロフィラリアに対する免疫力なのです。

もし免疫力がないまま放っておくと、犬の体内でミクロフィラリアは大きく育っていきます。最初は蚊の体内におさまるくらいのサイズだったのがどんどん大きくなり、最終的には犬の血管を詰まらせてしまうまでに成長してしまいます。
これが、すなわちフィラリア症という病気です。寄生虫が血管の中に詰まることで身体機能が低下し、最終的には死に至ってしまう……「ただ寄生虫が存在する」だけで、犬にとっては命取りになってしまいます。

大型犬用のレボリューションを与えていれば、約1ヶ月の間、犬のカラダはミクロフィラリアから守られることになります。
大型犬用のレボリューションに含まれている成分が、ミクロフィラリアが蚊の体内に収まるくらいのミクロサイズでいるうちに死滅させることができるわけです。